もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 狙われる電鉄株

<<   作成日時 : 2006/01/11 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

阪急HD株5%超取得 投資会社プリヴェが筆頭株主
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060110-00000025-san-bus_all
 

 昨年の村上ファンドによる阪神電鉄株大量取得騒動のようなものがまた起きるのか?
今回のターゲットは阪急電鉄関連企業の持ち株会社である「阪急ホールディングス(以下阪急HD)」
仕掛けたのはライブドアのホリエモンや楽天の三木谷氏や村上ファンドの村上氏と同じくヒルズ族の投資会社「プリヴェチューリッヒ企業再生グループ」の松村謙三氏である。阪急HDの株式を5・01%保有し、筆頭株主になった。「チューリッヒ」と聞いて外資系を連想していたが、純粋な日本法人らしい。

 少子高齢化が進み乗客減に歯止めがかからない今、電鉄事業そのものはそんなにウマミがあるものではない。特に阪急は少子高齢化の社会構造の変化によるものとJR西日本のアーバンネットワークの充実とのダブルパンチにより乗客減の影響をまともに受けている。しかし阪急に限らず日本の大手私鉄は鉄道事業だけではなく流通やレジャー・不動産事業等の副業に力を入れている。鉄道事業との二人三脚で企業発展を成し遂げ、沿線開発を行った。関西大手私鉄五社と較べても阪神や近鉄以上に副業に力を入れていて、関西においてはそのブランド力もピカイチで電鉄や百貨店等の「阪急○○ファン(信者)」は多くいる。そのなかでも際だってるのがいわゆる「宝塚歌劇団」である。

 阪急HDは「阪急東宝グループ」という一大巨大企業グループである。その中には「電車男」や「踊る大捜査線」等を配給した「東宝」や関テレも傘下に入っている。今日のニュースを見た限り「プリヴェチューリッヒ〜」は「阪急HDと東宝との経営統合及び映画・演劇事業の再編」と「宝塚歌劇団」の株式上場を要求しているようである。東宝そのものは既に上場しているが、宝塚歌劇団は上場していない。また阪急HDには呉ポートピアランドの開発に失敗し、某経済誌にもバッシングされ大量の負債を抱えたとはいえ梅田近辺等に優良な不動産資産(NAVIO・HEP)を所有している。

 また「プリヴェチューリッヒ〜」はTDL・TDSの運営会社「オリエンタルランド」の親会社である京成電鉄の株も買い進めているようである。電鉄会社が所有している優良な不動産資産やレジャー・流通事業のことを考えれば、阪神電鉄が村上ファンドに狙われたのもわからなくもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
狙われる電鉄株 もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる