もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史必修を文科省に要望へ

<<   作成日時 : 2006/09/03 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 ネットサーフィンしていたら興味深い記事を見つけたので、ちょっと堅苦しいですがしばしお付き合いを。私が通っていた高校【京都の公立・一類一般コース】の場合(10数年前)、2年の時に世界史(近代まで)、3年の時に日本史を受けました。3年生になると「地理」or「倫理、政治経済」or「生物」or「英語(リスニング)」の内一つを選択、「地学」or「世界史(近代以降)」or「基礎解析」or当時はまだ珍しかった「情報処理」の内一つを選択していました。私は前者は『倫理、政治経済』・後者は『世界史』を選択していました。ちなみに理系コースは地理or世界史でした。つまり当時も『日本史』は必須科目ではなかったようです。要請理由である『国際社会で主体的に生きるため、自国の伝統や文化、歴史を尊重する態度をはぐくむこと』が重要になってくるのは世界史だと19世紀以降、日本史だと開国以降の出来事の因果関係及び背景をくみ取る事だと思います。

 しかし大学受験が前提でないコース(授業)だとここまで進まない(先生の力量にもよりますが)場合が多いです。実際に日本史の時がそうでした。受験に日本史を選択していたので明治以降の勉強が大変でした(現役の時は殆ど自力、一浪してます)。世界史は何とか最後(終盤は駆け足気味)まで進みました。要は工業や商業・スポーツ系等の専門コースは別として日本史は選択でもいいから(但し世界史とどちらかを必ず選択)3年間で10時間ぐらい取って古代から現代まできちんとやれということです。私の実体験からすると政治経済も必須にした方がいいと思います。当時の倫理・政治経済の先生に「新聞を読む又はニュースを見る習慣はつけて世の中の出来事に関心を持っておけ」といわれました。残念ながら私の年齢に近い層は政治に無関心な人が多いです。その点も教育のツケと言えるかも知れません。また今の完全5日制をやめて(隔週にする)、そして国語の時間も増やさなければいけないと思います。

参照記事
1都3県、日本史必修を文科省に要望へ(産経新聞HP)
http://www.sankei.co.jp/news/060831/sha092.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私も同感です。
特に近代のことをいろいろと学ぶべきだと思います。
テクノロジーのことから、世界情勢の流れ、環境問題、ひいては政治のことまで、この国と世界のことについてを学ぶべきです。
逆に古代などは、考古学の世界だと思います。その時代の考え方も参考になるものがあるでしょうが、邪馬台国の場所だって、武田信玄の顔だって定かではありません。
なにか習う順番が間違っているような気がしてなりません。
ハカナ
2006/09/04 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史必修を文科省に要望へ もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる