もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳山高専女子学生殺人事件の結末

<<   作成日時 : 2006/09/07 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 山口県周南市で起きた徳山高専の女子学生中谷歩さんが殺害された事件で殺人容疑で指名手配されていた男子学生F(19)の首つり遺体が隣接する下松市内の山林で見つかり、逃走に使っていたバイクも近くで見つかった。結末が『最悪』とも『真相は闇の中』といえる形となった。逃走時、所持金が少なかったためそんなに遠くへ逃げなかったと思っていたので県内の山林に潜んでるか自殺かのどちらかと思っていた。
 今後は警察の捜査のあり方や少年法のあり方が問われると思う。今回の事件も『少年法』の壁が立ちはだかった。『指名手配』ということは犯人の足取りを一般市民から情報を得るために行うことである。もし男子学生が1万円以上の所持金を持っていたとすれば、今の時期東京や東北方面に逃走していた可能性もある。そうだとすれば捜査の手を全国に広めないといけない。こうなれば完全な公開捜査でないと手に負えなくなる。
 もはや『少年法』は限界にきていると思う。事件によっては『実名』での捜査や報道もあっていいと思う。今回の報道では読売新聞が実名報道に踏み切り、またテレ朝系の『報道ステーション』や日テレ系の『きょうの出来事』も実名報道に踏み切った。

参照記事
読売新聞 高専生殺害容疑の男子学生、遺体で発見…直後自殺か
朝日新聞 容疑の男子学生、遺体で発見 徳山高専事件
毎日新聞 山口高専生殺害:遺体は手配の学生 事件後間もなく自殺か
産経新聞 発見の自殺遺体、容疑同級生と確認 高専生殺害事件

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徳山高専女子学生殺人事件の結末 もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる