もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記

アクセスカウンタ

zoom RSS えいでんまつり&大津線感謝祭

<<   作成日時 : 2006/10/29 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 鉄道の日は既に過ぎましたが、各鉄道会社では車庫公開などのイベントがまだまだ開催されています。ということで昨日は叡山電鉄修学院車庫での「えいでんまつり」へ、今日は京阪電鉄石山坂本線錦織車庫での「大津線感謝祭」に行ってきました。両イベントで撮った写真を幾つかUPします。

【えいでんまつり】
画像


900型(きらら)と800系の並びです。
画像


上記の2車種にデト1001型(電動貨車)を加えてみました。またこの日は普段は滅多似ていき運用につくことがないデオ600型のイベント列車が走るので、この機会に乗ってみました。修学院−二軒茶屋の往復(乗車時間約30分)と洗車体験と至ってシンプルなものでしたが、釣り掛けサウンドと非冷房車の洗車体験は貴重なでした。下の写真は修学院到着後「きらら」のもう一編成との並びです。
画像



【大津線感謝祭】
画像

画像


 大津線感謝祭に来訪したのは2年ぶりで、入場すると平成9年の地下鉄東西線開業によって引退した80型電車が相変わらずの姿で迎えてくれました。80型電車は殆どは廃車となりましたが、保存運動があり1両は原型のままで、もう1両は切り抜かれモニュメントとして同車庫に保存されています。なお上の写真はモニュメントのものです。
 京阪電車ではトーマスラッピングの電車が合計3編成あります。2編成は本線系統(既に画像はUPしてますのでログを辿っていただければ幸いです)、残りの1編成は大津線系統で走っています。単体で撮ってもインパクトに欠けるので、となりに展示されていた保線車両を絡めて撮ってみました。かつてのテレビ番組『炎のチャレンジャー』にあったイライラ棒のゲームや東京フレンドパークの「Never wipe out」をアレンジしたゲームコーナーがありました。
 大津線感謝祭の最大の目玉は『運転体験』ができることです。4回に分けてやっているとはえ競争率が10倍近くあります。実は運良く当選できたのでハンドルを握ってきました。ゲームなどのバーチャル上と実際とでは全く違いますね。

両イベントとも内容が充実しており、比較的好天に恵まれていたので多くの来場者がありました。今後もより充実したイベントを期待しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
えいでんまつり&大津線感謝祭 もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる