もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 続々々 光市母子殺害事件

<<   作成日時 : 2007/09/20 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 一昨日から今日まで光市母子殺害事件の集中審理がありました。被告人質問における弁護士とのやり取りでは一応は反省と後悔の念を示していました。しかし検察側の質問ではぶっきらぼうな態度をとっていました。弁護士とのやり取りは打ち合わせ通りにいきますが、検察官の場合はそういうわけにはいかないでしょう。そして今日は本村さんと弥生さんの母親が法廷での意見陳述で『極刑を望む』と述べました。

 事件の本質からして元少年の生い立ちに不幸があったことを鑑みても極刑を望みます。こんな事いってしまうと(死刑反対派の人から)「世論迎合だ」といわれるかも知れません。しかし元少年の反省の態度が中途半端という印象が抜けません。不幸の生い立ちの原因を作った少年の父親も息子の犯罪を一緒に償っていく態度を微塵も見せてません。数年前の報ステのインタビューを見れば一目瞭然です。ところで先週インドでこんな事件がありました

窃盗犯にリンチ、群衆の袋だたきで10人死ぬ…インド

念のために言っておきますがインドは死刑制度がある国です。国民の司法に対する不信感が増大すれば私的制裁(私刑)が横行してしまいます。窃盗ですらこうなってしまいます。誠実な本村さんをこうはさせたくはありません。この裁判が国民の司法に対する信頼の試金石でもあるとも思っています。

参照記事
「万死に値、命で償いを」=遺族が陳述、うつむく被告−光市母子殺害・広島高裁(時事通信)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
光市母子殺害事件 広島高裁
「万死に値、命で償いを」=遺族が陳述、うつむく被告−光市母子殺害・広島高裁 (時事通信) - goo ニュース ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2007/09/21 09:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続々々 光市母子殺害事件 もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる