もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 少し勿体ないような…

<<   作成日時 : 2007/10/20 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 1997(平成9)年3月に彗星の如くデビューした「500系のぞみ」。先頭部分が細長い車体に当時は衝撃を受けました。運行開始当初は山陽新幹線限定でしたが、同年11月には東海道区間にも進出しました。しかし300系及び700系と比べて座席数が異なる(少ない)ことや1号車と16号車の運転室後に乗降ドアが無いこと(=乗降に手間取る)など(東海道区間での)運用上の欠点が明るみにでました。そんなこともあり編成数が9編成にとどまっています。
 「のぞみ」はいずれは今年7月に登場したN700系にすべてが置き換わることが決定しました。となると山陽区間限定の「ひかり」の運用が再就職先かなと思ったら、既に「レールスター」がありしかも九州新幹線全通時にN700系をベースにした別の新型車両をJR九州と共同で作り、そして今の「レールスター」は「こだま」に転用するらしいです。
 そこで16両編成を8両編成に短縮し(残りは廃車)、6編成ある0系を撤退させて「500系こだま」として置き換えるということになったようです。
 東海道区間からの撤退はともかく、山陽区間での通過運転すら楽しめなくなるのは個人的に好きな車両でもあり残念です。できれば2編成ぐらいフル編成で残しておいて繁忙期の「のぞみ」や「ひかり」で運行して欲しいなと思うのはわがままなのでしょうかね。座席は廃車が始まっている300系のG車のシートを転用して座席配列を2+2にするのかな?

参照記事
500系、「こだま」に格下げ N700系登場に伴い(サンスポ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
少し勿体ないような… もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる