もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断

<<   作成日時 : 2007/02/27 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 当然といえば当然の話です。
まだ「不当弾圧だ」とか「内心の自由を侵している」と宣うのなら以下のこと関して納得のいく説明(反論)をして欲しいものです。

@給食の時、生徒が好き嫌いで食べ物を残した時、『●●を食べないのは内心の自由だ』と言われたらどうするのですか?今の時代、少し手を出しただけでも『教育委員会に訴えてやる』と話に尾ひれを付ける生徒も少なからずいます。先生が手本を見せなかったらどうするの?

A高校野球やインターハイなどのスポーツ大会でも日の丸の掲揚や君が代の斉唱はしますが、そのような場所でなんで『日の丸掲揚・君が代斉唱反対』と言わないのですか?少なくともそのような光景は一度も見てません。部活動って学校教育の延長線上にあるものですよね。

B公務員にしろサラリーマンにしろアルバイトにしろ仕事には『職務命令(指示)』が伴います。例えば小売店で働いていたとして『●●優勝セール』と銘打って『●●』のチーム法被を着なければならないとします。しかしあなたは『●●』が嫌いで『○○』のファンだったとします。もしこれで『思想・内心の自由だ。だから●●の法被は着ない』と言ったらおそらく懲戒処分の対象になるでしょう。


 結局の所、先生達のワガママとしか思えません。もういい大人なのだからせめて胸にしまうことできないのか甚だ疑問です。社会主義革命の企みの一環?と言ったら大袈裟かもしれませんが、何か他意を感じざるを得ません。ともあれ明日の社説(産経・読売VS朝日・毎日・東京)が楽しみです。

参照記事
君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断(読売新聞)
君が代のピアノ伴奏命じた校長の命令は合憲 最高裁判決(朝日新聞)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
君が代斉唱の起立強制の真意はどこにある
 私はオリンピックなどの国際試合の表彰式の時に、国歌「君が代」を聞くのが好きである。日本人選手が優勝し、高らかに勝利を称えるために聞く「君が代」は最高の曲である。私の場合、陸上競技の選手が優勝し、聞いた時は心奮えるものを感じた。 「君が代」斉唱時の起立強制は・・・ 朝日コムによる新聞記事の中で 「君が代」不起立、最高で停職6カ月 都教委処分 2007年03月30日19時37分  今月の東京都立学校の卒業式で「君が代」斉唱時に起立しなかったなどとして、都教育委員会は30日、教員35... ...続きを見る
匠技
2007/03/31 07:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
@食べ物の好き嫌いと違い、「思想」が関係しているからです。
そう、たとえば宗教上「豚の肉」は食べられないという生徒がいるなら、給食だって強制してはいけないということです。当たり前ですよね。強制すれば『教育委員会に訴えてやる』といってもおかしくないのです。
A『日の丸・君が代』は、国旗・国家法の法制化を推進していた側も「国民に強制しない」という条件付きで通した経緯があります。現場で斉唱を決めるのは先生の側(教員レベルでは反対している場合も多いが)で生徒ではないのだから、その行事で斉唱が決まってしまった後であれば、斉唱に反対するものはその場には居るが歌わないという事で抵抗しています。部活動って学校教育の延長線上にあるものなら尚更、強制は馴染みません。
@とAに反論です。
2007/02/27 22:14
B『職務命令(指示)』が伴うとしても、野球チームの好き嫌いのような少々我慢すればよいような事柄とは違い、平和に関わる大切な問題です。今日(27日)の朝日新聞の愛国心に関する記事を読んだほうがいいと思います。示唆に富む論調で、日の丸・君が代の強制に対して危惧を感じている人々の思想が少なからず投影されています。『〜法被は着ない』と言ったら「懲戒」処分になるのだとしたら、私にはそれもやり過ぎに思えます。長く勤務するデパート人生の中の、しかもポリシーのある抵抗なのだから、職務怠慢とは次元が違います。懲戒にするとしたら上司がおかしいでしょう。たぶん法律的にも違法です。
斉唱に反対することは、立場の弱い人間にとってはとても勇気の要ることです。
「良心の自由」が護られない社会になりつつあります。この件はそれの典型的な事例だと思います。
Bに反論です。
2007/02/27 22:16
 さっそくの書込み感謝してます。
@確かに宗教上や身体上(アレルギー)ならやむを得ないでしょう。少々表現が悪くなりますが、生徒(宗教上・身体上の理由は無し)が「それをタテにした場合」を聞きたいです。

A観客に聞こえるよう大声で歌えとまでは言ってません。(そこまで信念を持ってるのならば)学校の入学・卒業式といった限られた場では実力行使に出て、大会の会場など開かれた場ではなぜ実力行使に出ないのでしょうか?

B家庭での教育にしろ学校でも教育にしろある程度の強制は伴うと思います。「ヤダったらヤダね」いって最低限の愛国心(公共心)すら持っていない先生達に日本の教育を任せていては不安を感じざるを得ません。

これらの裁判を見てみるとサッカーW杯での君が代の斉唱や日の丸ペイティングすらダメだとしか聞こえません(さすがに朝日新聞もここまでは反対してませんが…)。
枚かた(管)
2007/02/27 23:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断 もっちゃんの聞いて、見て、撮って日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる